バイリンガル・トリリンガルの悩み

この間、山口たく先生という方の講演会に参加しました。

たく先生のFBにある紹介文抜粋↓

ニュージーランド在住の受験/留学/国際バカロレア教育コンサルタント。
新受験時代を生きる子供たちが、未来で輝ける教育を研究しています。

バカロレア教育っていうのは、めっちゃざっくり言うと、

スイスにある国際バカロレア機構が考え出した独自のカリキュラムで、世界に通用するプレゼンテーション能力や表現力、コミュニケーションスキルを養う教育方法の事。
国際バカロレアが課す試験で高い点数を取ると、世界でも難関だと言われている名門の大学に入学する事も可能なんだそうです。
(きちんと知りたい方はネットで国際バカロレアと検索してみて下さい☆)

今回はたく先生からどうやったら世界に通用するバイリンガルに子どもを育てる事ができるかというお話しをしてくださいました。

色々参考になり、先生の本もしっかり購入しました。

我が家は私が日本語、夫(中国人)は、中国語で子どもとに話します。
現在やっぱり子どもは日本語が強い。
そしてこれから英語が強くなっていくのは間違いない。
そこに日本語と中国語の勉強を子ども達に課すのはやっぱり子どもが大変だと誰でも想像できます。

全部が変な片言の言語しか話せないのは避けないと。

日本語・中国語どっちも勉強する時間あるのかな?

中国語は将来役に立つの間違いないけど。

日本語も忘れないで欲しい。

スポーツもやりたいだろうな。

お友達と遊ぶ時間も欲しいだろう。

お家でのんびりする時間も必要だ。

言語の勉強を押し付けるのは親のエゴなのか?

でも自分のルーツと文化を知っててもらいたいしな。

など頭の中がグールグルと色んな考えで止まりません。

【かんガエル(なんつって)】

もちろん今すぐ結論が出る問題ではないので、子ども達の様子を見ながらどんな風にしていけば良いのかを模索しつつ日々考えていくしかないのですが。

バイリンガル・トリリンガル教育は奥が深いですね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

月木金と週末は和サロンオープンデーです。
和サロンでパステルアートを描いてみたい方は是非お問い合わせ下さい。

教室紹介の内容はこちら→詳細

お問い合わせはこちら→問い合わせ

一緒にワイワイ楽しい時間を過ごせる事を楽しみにしています♫

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る