ワンオペ育児で感じた事

こんにちは。パステル和サロンのあさです。

8月中旬から9月中旬まで夫が1ヵ月の出張に行ってました。

その間、私1人で3歳と4歳半児の
面倒をみていた訳ですが、
なんと夫は1回も、本当に1回も!
私達に連絡してこなかったんです。

事務的な用件のメッセージは
2回ほど携帯に送られてきたのですが、
私たちを気遣うメールも電話も一切無し!

何で気づかいの一つの言葉でもかけてこないの?と聞いた所、

あさが忙しいかなと思って、、、という頓珍漢な返答が。
意味わからん。

亭主元気で留守が良い

ではないですが、
その分私も家事さぼりまくりで好き勝手に過ごしました。

どんなに手抜きしても感じる疲労感

周りに頼れる家族などいない環境で、
子どもと3人で過ごした時間は
もちろん楽しい時間もありました。

でも、子どもを一人で面倒みるというのは本当に疲れますね。

元来私はだらしなく、ずぼらな方なので
家事が溜まっててもやる気が無かったら
何もかも放り出してお茶やお酒を飲んで息抜きするし、
疲れてたら、家が汚いままでも子どもと一緒に寝ます。

【こんな風景が家のあちこちにある】

うちの子達は幼稚園で家にいない時間もあるし、
今回は週末に何回かだけ
ベビーシッターさんに来てもらい、
子どもの相手をしてもらってる間に、
家事や自分の仕事もボチボチとできました。

それでも!

それでも、やっぱりすっごく疲れるんです。
それを

何でやろう?

とずーっと不思議に思ってたんです。
なんなら自分はどこまで手抜きできるのか、

手抜きに挑戦!!

くらいの勢いで家の事さぼったのに、
それでも溜まる一人育児の普段以上の疲労感とストレス。

アラフォーなので年齢的に体力がないと言われればそうなのかもしれませんが、
こんなに家事さぼってるのに何でだろう~?と時々頭の中でテツandトモが踊ってました。

 

一人で育児する時に背負う重責

そんな中、夫出張の後半部分に差し掛かり、
ワンオペ育児の環境にも
ようやく慣れきたなーと思いながら
家でぼーっと子ども達の遊んでいる姿を見ていた時
はっと感じるものがありました。
それは、

<子どもの笑顔とまっすぐに見つめてくる眼の存在>

今でも上手く説明できないんですが、
あの時何となく子どもの顔を見ていたら
笑顔がすっごく輝いてみえてきて、
少し畏れを感じたのです。

畏敬の念を抱いたというものしょうでか。
何か神聖なものを垣間見た気がしたんです。

そして

ああ、育児の何が一番しんどいって、
子どもの笑顔を守らなければいけないという
この使命感っていうか、責任感が
意識してなくても常にある事なんだな。

という思いに至りました。

この眼の輝きを消してはいけない!
みたいな。

だから子どもを叱った時に泣かれたり、
癇癪おこされたら
自分はその使命に逆らった事してるのでは?
と余計にイライラしてしまうのかなとも思いました。

特に子どもが小さいうちは
全身全霊で母親に身をゆだねてきます。

楽しい時だけじゃなく、怒られた時も、
信頼しきった眼でお母さんをまっすぐに見つめてきます。

母として、それは何にも代えがたい、
ありがたく、愛しいものではあるのですが、
その反面、無言のプレッシャーとなって肩に乗っかってきます。

もうその存在は、
子どもの「今(命)」は、
大人一人では抱えきれない尊いものなのに、、

母親はそれを一人で受け止め、守らなければいけない。

だからどんなに家事をさぼって、
子どもと一緒にいるだけだとしても
いつもその重圧に耐えようと、踏ん張らないと、と気を緩める事ができない。

もうこれはね、子どもが泣き叫んでいるのをみてイライラとか言う事きかないからどうとかそういう事ではないと思う。

毎日毎晩、寝ても覚めてもこの果てしなく続く使命の為にお母さんはずっと神経を使っていて
それが、どれだけ大変な事が自覚してないまま毎日を過ごしている。
特に一人で子どもを見ている場合、自分の休憩場所なんてどこにもない。
とにかく神経だけはいつも安まらない
何やようわからんけど、そういう類のものがずっとある。

なので、

家にいるだけなのに、自分の子どもと一緒にいて何が疲れただ!

と思っている世のお父さんに言いたい

だからだよ!!

家でもどこでも何かあったら全身全霊で守らなければいけない子どもが常に一緒だから疲れるんだよ!!

おまけにその存在は

笑ったり、泣いたり、全力で感情をぶつけて来る、
自分を受け止めろと欲求してくるとても無邪気な生き物で
母親としてその感情に応えようと知らないうちに必死になってしまうんだよ。

そんな生活してたら、そりゃあ疲れて当然だと思いますけど?
違いますか~???

と。

まあ、普段からこんな事を思って育児をしているわけじゃないんですどね。
何となく、疲れた頭でぼーっと考えてたらそんな風に思った次第です。
自分としてはそんな発見があった1か月のワンオペ育児でした。

今回は和サロンのなの字も出ませんでしたが、
和サロンでパステルアートをやってみたいという方は是非お問い合わせください
育児や仕事、パートナーの愚痴も楽しいおしゃべりに変えてほっこりするパステルアートで癒されませんか?

【階段登りにくかったけど片づけるのがめんどくさくて1週間ほど放置してたおもちゃ達】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る