Quarantine生活Day40~子どものやる気をそがない言葉かけ②~

リモートスクーリングで
私がやってる事の続き。

最初に書いておくと
我が家は課題を全部こなせてない(笑)
子どもがやる気なかったら
無理強いしないが大前提ではあります。

 

問題を解いたり作文を
作るのは本当に厄介だ。

英語が母国語じゃない分
私自身ストレス度が半端ない。

嫌だよねー

やりたくないよねー

でもやらないとねー

と私が一番文句言っている。そして

一緒に頑張ろう〜

と気持ちを盛りげる。
でもこれはこれで子どもと一体感が出て良い。

②答えがわかる課題

子どもが一生懸命問題を
解いている時は
間違ってても何も言わない。

横やりを入れると
集中力をそぐ事になるし

間違ってるよ

と指摘するとうちの子は
一瞬傷ついた顔をして
やる気をなくしてしまう。

まずは終わるまで待って
答え合わせをしている時に
淡々と解説する。

子どもが

間違えちゃったー

とボヤいたら

間違いに気づいたんやから、
一つ学んだんやよ。

ここまで一人で問題解いた事の方が立派だよ

と声をかける。

決して

なんでこんなとこ間違うの?

と問い詰めないように気を付けてる。

学生時代の私は母にいつも間違いを指摘されて
自分はダメな子なんだと思っていた。

指摘ばかり受けるようになると、
間違いたくなくて
やる前から挑戦しなくなるし
実力があっても発揮できなくなっていく。

なのでできるだけ自分は言わないように。

もし答えがわからないと子どもが
課題に取り掛かろうとしない時は

知ったかぶりしないで
わからないって認める事が
できるやん!

どこがわからないのかな?
一緒に考えようか。

と息子の頭をなでながら
エールを送るようにしている。

それは私が母にやって欲しかった行動だ。

 

③答えがわからない課題
(読み取り問題や文章を作る課題など)

我が家は夫婦でノンイングリッシュスピーカーだし、
同じ学年に日本人がいないので
相談する事もできない。

そこで課題の意味が全然わからない時は
答えを出す事に力を注がない事に決めた。

私が取る方法は担任に直接メールで

・英語で問題を解く事に
なれていないので文章の
意味がわからない

・何かヒントが欲しい。

・予め答えがあるものは
答えをくれたら何を問いてるか
だいたいわかるので答えをくれない?
と伝えてみる。
もちろん答えをもらっても
子どもには教えない前提はきちんと伝える。

そうすると、その時によって対応は
違うけど、先生なりに解決策や
アドバイスをくれる。

この手段は自分達はどこで
つまづいているかを知らせる事が
でき、一応課題に取り組んでいる
という姿勢を見せる事もできる。

ここで日本人ならではの気遣いは使わない。

先生も忙しいだろうと心は痛むけど
図々しいくらいでやっていく。

もし先生が望んだ対応をしてくれず
課題がこなせないなら
その時はあきらめる。

次は私が思う日本式とこっち式の違いで
思う事をブログ
です。

①の字の練習や絵・工作の課題の場合

 

【今日もお疲れ!】

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る