賑わった親子ワークショップ

こんにちは。パステルアート和サロンです。

ようやくスクールホリデーも終わり、
今年最後のタームが始まりましたね。
夏もすぐそこやー!

今回のスクールホリデーでは
親子ワークショップを2回開催しました。
大人子ども合わせて1回目が合計6人、
2回目が合計9人でのワークショップで大盛況でした。

内容は子ども達に日本の文化を知ってもらおうと
<お米>
をテーマにしました。

まずは、絵本でお米ができるまでの工程を説明。

読み聞かせの前に、子ども達にパンとお米とどちらが好き?などの質問をしてお米に興味を持ってもらいます。

その後はお米の正しい保存の仕方や炊き方などの雑学をクイズ形式で披露。
これはどちらかと言うと、お母さん方と私で盛り上がりました。

その後は休憩も兼ねて、お米でできたお菓子の<おかき・あられ>をおやつに出して、
みんなでボリボリボリボリボリボリボリボリ。
この日の為においしいおかきの詰め合わせを用意したんです。
お皿はあっという間に空っぽになってくれてめっちゃ嬉しい!!

そしていよいよ後半。
パステルアートで<稲穂>か<おかき>を描いてもらいます。
追加で出したおかきも見本に置いておきます。

 

でも、子ども達はおかきに手が伸びる事なく
無言で絵を描きます。
子ども達の集中力はすごい!!

お母さん方は最初は弟君などの小さい子達の作業を気にしながらのパステルアート。
でも、小さい子達はすぐにお絵描きを終え、プレイエリアのおもちゃで遊び始めたので、
お母さん方もこれ幸いとパステルアートに集中しだしました。

子ども達は一気に集中して
自分の中で終わったと思ったらそこで終了。
時間の長さに個人差あれど、
絵を描いている最中におしゃべりする事はあまり無いです。

どちらかというと、パステルアートに時間を要するのは大人の方。
無言で色を選んだり、指でくるくる絵を描いてるかと思ったら、
突然おしゃべりに花が咲きだして手が止まったりなど、
なんやかんやと時間がかかります。

でも、それが良いんです!
きっと頭の中がオープンになってリラックスしてくれているんでしょうね。

何色にしようかなー

なんて思いながら
頭に思いついた事をしゃべってると
あっという間に時間が経っていきます。

そんな風にのびのびとした時間を過ごしてくれるのが本当に、ほんとーに心の底から嬉しいです。
和サロンはこの時間の為にあると言っても過言ではない!

子ども達も待っている間、おもちゃで遊んだり、
本棚から図鑑や絵本を取ってきてソファでゴロゴロしながら読んだりと同じくリラックスモード。
(和サロンには、大人向けの生活に関する本、雑誌、漫画、小説、子ども達が楽しめる絵本、図鑑などを揃えています。)

今まで和サロンに来てくださったお子さん方からは一回も

お母さん早くー
まだー?

という言葉を聞いた事がありません。
願わくばこの言葉を聞かない記録をずっと更新し続けたいものです!

絵が描きあがった後は、
みんな自分の絵を眺めてニコニコ顔。

 

この他の作品でも自分で考えてお餅を描いたり
金色のペンで稲穂の粒粒を描いたりと
子ども達は思いついた事を各自で実践していました。

パステルアートのすごい所は
時間が経てば経つほど絵に深みが増し
味が出てくるところ。
そして、気持ちもほっこりします。
お家に帰ったら、是非飾ってくださいね!

親子ワークショップにご参加いただきありがとうございました。

今回参加されなかった方々からも
次回の親子ワークショップはいつですか?
とお問い合わせも何件か頂き、ありがたい限りです。
また機会をみて是非親子ワークショップを開催したいと思います。

ただ、私が設定した親子ワークショップでなくても、
和サロンではいつでもお子さんとご一緒に来て頂けます

お子さんと一緒にパステルアートをする事もできますし、
お母さんはパステル、お子さんはおもちゃで遊んだり本をみたり。
好き好きに時間を過ごす事ができますよ。

最近、親子で一緒に楽しんでないなーという方は、
月水木の午前でご都合の良い日があればこちらからいつでもご連絡ください

お問い合わせ→ asanagomisalon.com/contact

出張、週末もご要望があればお受けいたします。
和サロンはいつでもあなた方親子をお待ちしております。

☆☆☆☆☆

K君(8歳)の感想
絵を描くのはあまり好きじゃないけど、これはおもしろかった。

Aさん(お母さん)の感想
もっと難しいと思ったら、型を使って描けるし簡単。
思ってたのと全然違って、ちょっとした技法を使えば色々描けるから楽しかった

出来上がった絵をずっと見ちゃう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る